藪の中のゲームの下

アクセスカウンタ

zoom RSS コナミは何をしたのか(ときドル始めました:序文)

<<   作成日時 : 2018/03/23 02:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グラディウスが大好きだ!

STGをプレイするようになったのは十数年前からで、実はグラディウスシリーズをアーケードやコンシューマでリアルタイムにプレイしたことはない。
それでも、STGにのめり込むきっかけはプレステ版のグラディウスシリーズやパロディウスシリーズだったので、自分にとってはとても大好きで、大きな存在であり、ゲーセンで見かけたらプレイするし、家庭用移植版もちょくちょくやっている。
どこがどう好きかを語ると長くなるし、実はこの記事のメインはそこじゃない。とりあえず、グラディウスが大好きだということ。

その、大好きなグラディウスを、コナミは墓に埋めた。
それ自体は仕方ない。どんなにヒットした作品でも、続編が作られずに『過去の名作』として墓に入ることはよくあること。
しかし、グラディウスに関しては葬られ方がよくなかった。
長い空白期間ののち、突然リリースされた『オトメディウス』。だが、アーケード→家庭用移植→家庭用オリジナルと続編が出る度にダメになっていくゲームで、「ああ、もうコナミにはまともなSTGを作る力はないんだな」と失望したものだった。
その後も、シリーズ30周年の年にも何もせず、新作の開発はもちろん、自力で旧作を移植することもなく、わずかな期待を失意と諦めで塗りつぶす日々を越え、コナミのSTGは死んだのだった。


コナミは、
完成されたシステムと吉崎観音を用いながらも残念なゲームを作り、
その後も自力ではほとんど何もせず、
グラディウスと、ツインビーを始めとするSTG作品群を、
自らの手で、
墓に埋めたのだ。



そして、2017年。
コナミは突然、自社のゲームに『グラディウス』という単語を出した。

(続く)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランス10
コナミは何をしたのか(ときドル始めました:序文) 藪の中のゲームの下/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる